体を温める効果|朝までぐっすり|体にやさしい敷布団で快適な睡眠を
男性

朝までぐっすり|体にやさしい敷布団で快適な睡眠を

このエントリーをはてなブックマークに追加

体を温める効果

手

電磁波の一つ

遠赤外線とは電磁波の一つです。人の体や繊維、セラミックなどと同じ周波数をもっています。電子レンジと同じように、物質を振動させる効果があります。振動によって摩擦が起こり、熱を発します。よくいわれる体を中まで温めるというのは、遠赤外線のこの効果を利用しています。セラミックヒーターやドライヤーは効果的に体を温めたり、乾燥させたりできます。木炭やセラミックなどを繊維に塗ったりしているインナーや靴下は遠赤外線の効果で熱の吸収や保温性に優れています。実際の熱よりも少し体内に入りやすいのですが、奥まで温めるということではなく、熱が血のめぐりによって体中を回ります。保温性に優れているため、より長く温かさを実感しやすいです。

血流が良くなることで

遠赤外線が体にいいと言われているのは、体を温める効果があるからです。体を温めると血流が良くなり、栄養が行きとどき、老廃物が排出されやすくなり、細胞が活性化されます。冷性や、血流が悪いことで、肩こりや腰痛に悩まされている場合は効果的です。遠赤外線には熱によって乾燥させる効果もあります。ドライヤーなどで利用されていますが、肌にとって乾燥はよくありません。あまり近くであたりすぎたり、効果の強いものを利用する場合は長く使用しないなど注意が必要です。遠赤外線効果のある衣類の場合、洗濯などで効果が落ちないか、肌などに影響がないかなど、メーカーによってはきちんと検査をしています。購入する前に確認することがお勧めです。