原因に合わせた改善法|朝までぐっすり|体にやさしい敷布団で快適な睡眠を
男性

朝までぐっすり|体にやさしい敷布団で快適な睡眠を

このエントリーをはてなブックマークに追加

原因に合わせた改善法

肩こり

原因を考える

肩こりで悩んでいる人はとても多く、大人だけでなく子供にまで広がっています。原因はさまざまですが多くは姿勢に問題があります。机に座っているとき、ゲームやスマートフォンを利用しているとき、立っているとき、寝て起きたときなど強く症状が出ることが分かっているときはそれに合わせた対処をすることで改善できます。デスクワークのときに肩こりが強い人はうつむく姿勢になっていることが多くあります。ゲームやスマートフォンを使っているときも同様です。うつむく姿勢が続くと首がストレートネックになっています。本来は軽く湾曲していなければならない首の骨がまっすぐになり肩に大きな負担がかかっています。それが肩コリの原因です。

正しい姿勢を身につける

30分から1時間に一回は休憩して首のストレッチをしてコリを解消しましょう。パソコンを使う場合は目の高さに平行なくらいの位置に調整することで肩や首の負担を減らすことができます。寝て起きたときに肩こりが強い人は寝具をかえることです。首の湾曲に合った枕を使ったり、体圧分散力に優れたマットレスを使うことで解消できます。普段立っているときの姿勢を鏡などでチェックすることも大事です。肩や首が前に出ている人は姿勢を改善しないと肩こりが解消されません。壁にかかとと頭をつけて立つことです。腰が痛くなる人は少し離れて立ってもいいです。その状態を毎日3分くらい続けていると正しい姿勢が身につきます。正しい姿勢が身につくと肩こりが自然と解消されていきます。